村松恒平の本 Archive

『食欲詩集』

『達磨』詩人 村松恒平の誕生

空前の空腹文芸?食う詩集!

mixiのコミュニティから始まった「食欲詩集」が、4年3カ月を経て、やっと本になりました!

これを機に、マルチアーチスト村松恒平の肩書に「詩人」が追加。

今回の『食欲詩集』は全46編。

哲学風短詩、熱きエロティシズム、散文詩風檄文?、重いもの、軽いもの、笑えるもの、その他何でもアリの、食材や食べ物を素材にした新しき村松ワールドの始まり!

2010年10月1日初版第一刷発行
著者 村松恒平
発行 ココロ・ブランド
定価 800円(税別)

初版は限定350部です。

送料込み1,000円で文章学校購買部で買う!からお申し込みいただけます。



『達磨』

文章学校購買部で買う!

《禅》が誕生れた光に満ちた場所......

◆本体価格:1,200円+税 B5判/48頁
≪みんなの書評≫いとかんさん | スパイスさん | 佐々木誠さん | 高橋キンタローさん | 白鳥海巳さん

『達磨』 短く美しい小説と【英語対訳】のアートブック

ベストセラー『文章上達〈秘伝〉スクール』の著者が綴る静かで柔らかな光に満ちた物語

(以下あとがきより)
達磨は5 ~6 世紀頃の人で、天竺から中国に渡って禅宗を開いた人物です。
その生涯は「伝説に包まれている」どころではなくて、「伝説でできている」といったほうがいいくらい確実な記録が少ないようです。
本当の達磨はどんな人だったのだろう?
僕は禅が開かれた最初の光景に、思いをはせていました。
するとある日、ふと、静かで柔らかな光に満ちた物語が僕の心に舞い降りてきたのです。
僕はそれを書き留めて一冊の本を作ろうと思いました。
その小さな物語をみなさまに贈ります。

 


お手紙いただきました!

「高崎の達磨寺に一冊お送りしたところ、副住職から丁寧なお返事をいただきました。
このお話は『達磨寺公認』(笑)です」

doll.gif


『火星パンダちとく文学』

◆村松恒平プロデュース!◆本体価格:1,200円+税 四六判/320頁 文章学校購買部で買う!
みんなの書評 Amazonレビュー三遊亭歌橘さんはなさん

『火星パンダちとく文学』電車にピッタリ。行きの電車で ひと笑い、帰りの電車でふた笑い。

村松恒平・文章学校の『文章王の掌編小説ゼミ』で最もユニークな3 人組の小説集。
「アンソロジーや全集ではなく、一冊の小説集が3 人の著者というのは、なかなか珍しいと思う...」と語る村松氏が自らプロデュースし、初の装丁デザインも手がけた、かなり変な!?本。
出版に先駆け、3 人の共同ブログも公開中!

    《本書の特徴》 世界初?タブーを破る、ツッコミ入り小説/著者たちによる魅惑の挿画/編集者による装丁と装丁画/3人まとめて1冊のまとめ売り/リーズナブルなカバー帯一体型/短く読みやすい掌編小説/目に焼き付く著者近影写真/全57作、1作わずか21円(税別)のお徳用。

『火星パンダちとく文学』はどんな本かっ?!←クリック!

秘伝 〈プロ編集者による〉文章上達スクール (1)

◆白熱!バイブル!◆本体価格:1,800円+税 四六判/464頁 文章学校購買部で買う!
みんなの書評  月代(つきしろ)さんAmazonレビュー

hiden_new.jpg「書きたい」あなたの質問にプロ編集者が答えます!

雑誌『宝島』で活躍し、『VOW』『愛より速く』(斎藤綾子)『スカートの中の秘密の生活』(田口ランディ)など、数々のベストセラーを世に送り出してきたプロ編集者による、Q&Aスタイルの文章読本。
メルマガ読者から寄せられた119の質問に全身全霊で答える1冊。
「あなたはけっこうヤバい局面にいます」「結論から言うと、ダメです」...ときにはクールに
「それはあなた1人だけのかげがえのないものだ」「これはもう一種のゲームか、愛撫のようなものです」...ときには熱く
著者が25年にわたるライター・編集者生活で得た知恵、ノウハウ、考え方のエッセンスを惜しげなく注ぎ込み、テクニックよりも視点を磨く「文章秘伝」
ひとりで書いているだけではわからなかった文章の秘訣がここにあります。

   


文章王―プロ編集者による文章上達秘伝スクール〈2〉

◆本物!王手!◆本体価格:1,500円+税 A5判/424頁 文章学校購買部で買う!
みんなの書評 Amazonレビュー

2冊目の『文章読本』!
ますます絶好調! 面白くてお徳用!

文章人生に衝撃的変化
「買って、読んで、うまくなって、書いて、また読んで......
するめのように噛めば噛むほど味が出る。1500円で人生変わります。
文章の王様、それはあなたのことです!」

人気のメルマガに寄せられた質問をまとめた、文章上達のための"秘伝"本、第2弾! 

読者からのあらゆる質問に著者が渾身の回答、独特のQ&Aスタイルで唸る村松節。誰もが情報発信する時代に直面する問題に、またまた白熱のメッセージ!

独創的(オリジナル)にして普遍的(スタンダード)
(2万字)ロングインタビュー「『書くこと』と『私』」、充実の「7つのヒント」も収録。

  


書く人―プロ編集者による文章上達"秘伝"スクール〈3〉

◆究極!秘伝の第3弾!◆本体価格:1,800円+税 四六判 480頁 文章学校購買部で買う!
みんなの書評 Amazonレビュー

もはや『文章読本』を越えて、『人生読本』の域へ! 乗り遅れるな!
読まないと損をする! ますます進化し深化して生成する文章哲学。これを読まずして文章を語るなかれ。
驚くべし!『書く人』たちのリアルな生態 !?

「翻訳の仕事で忙しく家が汚い人」「感受性が鈍った法律系ライター」「文章を書いて会話ができなくなってしまった人」「作家志望で毎日五時間執筆するレズビアンの人」「文学性とは何か疑問に思えてきた文学研究者」「ビジネス文書を書いて背中がバリバリに凝っている人」「社会のいじめで鬱になってしまった人」「アルコール中毒になりそうなのを恐れている人」エトセトラ、エトセトラ......

超難問奇問に快刀乱麻の名回答!
そして、3D文章術へ!

  


微力の力 おバカな21世紀、精神のサバイバル

◆[本文横組]&[2色刷]!◆本体価格:1,200円+税 単行本: 221頁
みんなの書評 Amazonレビュー

いまや本質こそがサブカルなのだ!

70年代『ロッキング・オン』編集室の管理人・橘川幸夫 ×『宝島』(70年代)をサブカルの震源にした男・村松恒平の対談バトル!
<村松恒平氏曰く>
僕が言葉と精神について語るのですから、もう論理を暴走寸前までブン回しています。その暴走の快感において、今回ある意味でぶっ飛んで、『秘伝』や『神様学入門』を超えちゃいました。

現代という時代をどうとらえ、どう生きるのか?
創造的で飛躍に満ちた議論の方法とは?
濃すぎるメタチャットの胸やけ胃もたれを楽しもう!

   


コンテンツ(記事)カテゴリー
Site information

ページの先頭へ