校長先生のブログ Archive

プライド

プライドは心の輪郭線だ。強さと弱さを隔てる一本の線


実情

男女関係における「本当のこと」というのは、まずくて喰えないものかもしれない


脱皮

美しいものを求め続けるだけで人生は変わる


眼前

哲学も詩も芸術も悟りも、今、目の前になければどこにもない


個人

パフォーマンスは、組織の中の一個人より、ただの個人のほうが高いのだ。そのことを現し続けるのだ


居場所

曖昧なところに居続けるしかないのである


ていねい

ていねいでないといかんな。ていねいが通用する時間、空間を自分で確保せねば


絵の具

言葉は筆であるよりは絵の具であるだろう


最初が肝心

最初から自由でないものは、最後まで自由でない


場面

弱さのあまり人に対して不誠実になってしまうことがあるな


ふと思う

僕の書くものは、読者を方向づけるよりは中和するものでありたい


芸術家の仕事

職人は再現性のある技術に携わる人。芸術家は天啓を衝動に従って形にする人。もともと全く違うし、背反すらする。しかし、両方が同時にないと「仕事」はできないんだ


何?

幸せか、不幸かを決めるのは心である、というのはたぶん正しい。しかし、その心を決めるのは、心ではない、というところがちっとも簡単ではないのである。
では、なんだ?


素数

人なんて理屈では割り切れない。割り切れない余りの部分にいちばんエッセンスがあるのにさ。僕らは素数のままでいい。最大公約数も最小公倍数もつながるために必要じゃない。そのことに勇気を持たないといけないな


文章

白川静によれば、文も章も、入れ墨を表す文字であるという。私たちは生まれ来る世界の裸身にタトゥーの針を打ち込もうとして書くのか


表裏

限界を知ったものが自由になる


手放したものは本当だ。つかんだものは本物かどうかわからない。ただ自由な掌であれ


転生

豆腐と醤油はなんて合うんだ。たぶん、前世からの結びつきだ。


一貫

物事にいろいろなやり方がある。どういう方法論でも一貫していることが大切だ。一貫性がないと周囲が対応できない。また方法論のよしあしを評価することもできない。


じり貧

本流のない時代には、逆説もまた些末なものにならざるを得ない


コンテンツ(記事)カテゴリー
Site information

ページの先頭へ